妊娠中ででも歯の治療はできますか?-歯科・歯医者の口コミ総合サイト
妊娠中ででも歯の治療はできますか?-歯科・歯医者の口コミ
文字|妊娠中ででも歯の治療はできますか?の歯医者の口コミ
テレビ|妊娠中ででも歯の治療はできますか?の歯医者の口コミ
吹き出し|妊娠中ででも歯の治療はできますか?の歯医者の口コミ
歯科医選びで迷っている方のために、
あなたが実際に体験した
真実の口コミ情報をお寄せください。
pc
R
口コミ投稿によりメールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。『ヤラセ』や『宣伝』ではない真実の口コミが、皆さまの歯医者選びの参考になります。
Top > Q&A > 妊娠中ででも歯の治療はできますか?

妊娠中ででも歯の治療はできますか?

安定期である妊娠16週~27週であれば、基本的には歯科治療を受けることができます。

妊娠中はホルモンの変化、またつわりなどの影響により口の中のトラブルが起きやすいです。

安定期であれば、基本的な歯科治療は受けることができます。

しかし必ず妊娠していることを歯科医師にあらかじめ伝えてください。

治療を受けるにあたってレントゲンを取ると思いますが、歯科のレントゲンは放射線量が低いため、1,2回撮影しても胎児への影響はほとんどありません。

鉛が入った防護エプロンをお腹にかければより安心して撮影に臨めると思います。

麻酔も通常使用する量はごく少量のなため、可能です。

しかしロキソニンやボルタレンなどの鎮痛剤は、妊娠中に服用することはできません。

基本的に、鎮痛剤の処方はしません。

どうしても必要の場合は、カロナールを使用することがありますが、100%安全ということは言えません。

一方抗生剤は、セフェム系抗生物質、あたはペニシリン系抗生物質が妊婦にも安全に使用できると報告されています。

  • 最近180日間で口コミが多い歯医者さんベスト20

    (集計期間:2018/12/22 ~ 2019/06/20)