口コミ投稿によりメールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。『ヤラセ』や『宣伝』ではない真実の口コミが、皆さまの歯医者選びの参考になります。
Top > Q&A > 歯科の麻酔にはどんな種類がありますか?

歯科の麻酔にはどんな種類がありますか?

局所麻酔法、精神鎮静法、全身麻酔の3種類あります。

①局所麻酔法

一般的に使われる、歯科の麻酔方法です。

局所麻酔方法には3つの方法があります。

1.表面麻酔
歯ぐきの表面に麻酔薬を塗って、表面の感覚を麻痺させます。
これによって、その後の注射針の痛みが軽減されます。

2.浸潤麻酔
 痛みを留めたい部分の歯ぐきに注射して、麻酔液を浸潤させて痛みの感覚を麻痺させます。

3.伝達麻酔
下の奥歯は麻酔が聞きにくい場合があるため、下顎にある神経に麻酔を聞かせる方法です。
より広範囲に麻酔の効果を得られます。

②精神鎮静法
歯科治療の緊張を和らげるために使用される麻酔方法です。
吸入鎮静法と、静脈内鎮静法があります。

③全身麻酔
おおがかりな口腔外科手術や、矯正治療の際に使用されます。

よく読まれている記事

歯科の麻酔にはどんな種類がありますか?-歯科・歯医者の口コミ
歯科の麻酔にはどんな種類がありますか?-歯科・歯医者の口コミ
インプラント-歯科・歯医者の口コミ
質問-歯科・歯医者の口コミ

最近180日間で口コミが多い歯医者さんベスト20

(集計期間:2023/11/24 ~
2024/05/22)