歯科用CTの被曝量が気になります。将来、がんになりませんか?-歯科・歯医者の口コミ総合サイト
歯科用CTの被曝量が気になります。将来、がんになりませんか?-歯科・歯医者の口コミ
文字|歯科用CTの被曝量が気になります。将来、がんになりませんか?の歯医者の口コミ
テレビ|歯科用CTの被曝量が気になります。将来、がんになりませんか?の歯医者の口コミ
吹き出し|歯科用CTの被曝量が気になります。将来、がんになりませんか?の歯医者の口コミ
歯科医選びで迷っている方のために、
あなたが実際に体験した
真実の口コミ情報をお寄せください。
pc
R
口コミ投稿によりメールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。『ヤラセ』や『宣伝』ではない真実の口コミが、皆さまの歯医者選びの参考になります。
Top > Q&A > 歯科用CTの被曝量が気になります。将来、がんになりませんか?

歯科用CTの被曝量が気になります。将来、がんになりませんか?

インプラント治療などを行う際には、歯科用CTで検査します。

歯科用CTは、他にも様々な場面で使用するため、被爆量が気になるのは仕方のないことだと思います。

しかし、歯科用CTの被曝量は0.1ミリシーベルトという極微量なものです。

1人あたりの1年間で受ける自然放射線量は、日本平均で1.5ミリシーベルト、世界平均で2.4ミリシーベルトです。

ちなみに、医科用CTは、1回6.9ミリシーベルトです。

このように、歯科用CTを頻繁に撮ったところで、がんのリスクが大きく上がる心配はありません。

  • 最近180日間で口コミが多い歯医者さんベスト20

    (集計期間:2018/09/24 ~ 2019/03/23)