インプラントはなぜ高い?気になる費用の内訳を大公開!-歯科・歯医者の口コミ
口コミ投稿によりメールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。『ヤラセ』や『宣伝』ではない真実の口コミが、皆さまの歯医者選びの参考になります。
Top > インプラントはなぜ高い?気になる費用の内訳を大公開!

インプラントはなぜ高い?気になる費用の内訳を大公開!

インプラントはなぜ高い?気になる費用の内訳を大公開!

インプラント治療は、安価なものを選ぶと失敗するリスクが高くなりますが、それは、安さばかりを追い求めた結果、歯科医師が患者さんの状態をきちんと診断できず、正しい治療を施すことができないからです。

インプラントの治療費は通常、材料費以外に歯科医師の技術料や人件費、感染症対策費用、精密検査機器等への設備投資などの費用が上乗せされているため高額となりますが、安さを売りにした歯科医院ではそれらの費用をカットしています。

材料費以外にかかる費用をカットすることで費用を抑えることはできますが、その弊害として、歯科医師がインプラント手術への時間を十分に確保できなくなり、その結果、正しい診断ができずに失敗リスクが上昇してしまうのです。

インプラントはなぜ高い?気になる費用の内訳を大公開!また、複数の医院で診てもらった際に、A歯科医院では50万円、B歯科医院では150万円と、費用に100万円以上の差が出ることはよくあることですが、患者さんにしてみれば「なぜそこまで費用に差が出るのか」と疑問に思うはず。

そこで、この記事では

  • どうして治療費に大きな差があるのか?
  • 100万円もかかる歯科医院のインプラント治療の内訳は?
  • 安いインプラント治療は結果的に健康リスクがある理由
  • インプラント治療に失敗した患者さんの末路
  • 最高のインプラント治療を受けた患者さんの現在

について、年間1万人以上の患者さんを診察している歯科医の立場から解説します。

この記事を最後までご覧になれば、一生涯を共にできるインプラント治療の選び方がわかります。

インプラント治療を受けるかどうか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.どうしてインプラント治療は歯科医院によって差があるのか?

インプラントの値段は、1本10万円~50万円ほどかかります。

本数が多くなればなるほど値段も高くなり、100万円以上の差が出ることも。

どうしてインプラント治療は歯科医院によって差があるのか、その詳しい理由をインプラントの材料費、人件費、そして歯科医の能力給について3つの視点から具体的に解説していきます。

1-1.インプラントにかかる材料費

インプラントの材料費は、1本あたり5〜10万円が相場。

これは、国産のインプラント材料なのか、
海外のインプラント材料なのかによって違いが出てきます。

海外と一口に言っても、歯科医療先進国のヨーロッパのインプラント材料は高いですし、一方で、アジア系であればインプラント費用はヨーロッパ製のものと比べると半分以下になります。

★インプラントの材料費の主な内訳
  • インプラント体の費用
  • 被せ物の費用

被せ物は、オールセラミックもしくは内側に金属を用いたメタルボンドと呼ばれる被せ物の2種類。

インプラント本体の値段も、
どの国のメーカーを使うかによって費用に5万円以上の違いが出てきます。

さらに差が出るのが被せ物。

被せ物は、歯科技工士という国家資格をもつ職人にオーダーメイドで作ってもらうため高額となり、20万円近い費用がかかります。

たとえば、ひとつの被せ物に使うものがセラミック材料である場合でも、①すべてセラミック材料を使用 ②内側だけ金属を使っている、といった違いがあり、種類によって値段が変わります。

この被せ物の金額が下請けの歯科技工士によって変動するため、歯科医院で支払うインプラント治療の値段が100万円近く変わってくるのです。

とはいえ、被せ物とインプラント本体を合わせたとしても、一般的には10万円程度が相場となります。

1-2.インプラントにかかる人件費等

インプラントの材料費が10万円かかるとしても、歯科医院のインプラントの値段1本30万円もかかるのは、いくらなんでも法外な費用なのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれません。

その理由には、インプラント治療を受ける際の“人件費”が絡んできます。

インプラントはなぜ高い?気になる費用の内訳を大公開!_歯科医師と歯科衛生士たちインプラント手術をする際、歯科医師の他、歯科衛生士という国家資格保持者のサポートがなければ治療ができません。

手術が1時間だとして、歯科衛生士の時給はどれくらい必要だと思いますか?

実は、歯科衛生士の人件費は年々増加しており、田舎の歯科医院でも時給は1,000円以上になります。

東京や大阪といった都心部になれば、時給2,000円でも歯科衛生士を雇えない歯科医院もあります。

さらに、他の患者さんの対応をする人材確保も必要です。

このように、歯科医院で働く人の人件費が上乗せされることから、患者さんが支払うインプラントの代金が高額となるのです。

また、歯科医師の能力給を加味し、さらにインプラント手術中は他の患者さんの診察ができないことを考慮すると、インプラント1本の値段30万円は決して法外な額ではないということがわかりますね。

2.100万円かかる歯科医院のインプラントは何が違う?

前述の通りインプラントの値段は材料費、人件費、そして歯科医の能力給に応じて変わりますが、それ以外にもインプラントの値段に影響するものがあります。

それは、診断・治療に欠かせない検査、治療精密機器、そしてインプラントいう技術を習得するための投資額です。

精密機器に関わる費用とインプラントへの投資額とはいったいどういうことなのか、詳しく解説します。

2-1.検査、精密機器の違い

インプラントであっても他の病気(たとえば癌など)であっても、治療を施す前に必ず体の状態を正確に把握し、診断する必要があります。

インプラントにおいては、顎の骨の量がどの程度あるのか、神経までの距離はどれくらいなのかを的確に診断しなければなりません。

インプラントはなぜ高い?気になる費用の内訳を大公開!_CTそのためには、レントゲンだけでなく3次元で顎の状態を把握できるCT検査も必要になりますが、歯科用CTまで撮影できるレントゲン機器の購入には1000万円以上の費用が掛かります。

また、インプラント手術には特殊な治療器具を用います。

インプラントを埋め込む医療機器の費用は国内メーカーや海外メーカーによって大きな差がありますが、最低でも50万円以上します。

しかも使える回数に上限があるため、一定数のインプラント手術をすれば部品交換が必要となります。

こういった精密機器を取り揃えているかどうかの違いも、インプラント治療の値段に大きく影響します。

今ではCTなしにインプラント治療をする歯科医院は激減していますが、それでもごく少数でCT検査をせずにインプラントを打ち込む歯科医院も0ではありません。

そういった病院では検査機器に投資をしていないため、インプラント費用が安い傾向にあるのです。

2-2.歯科医のインプラントへの投資額への違い

歯科医師になるためには歯学部に入学し6年間通い、歯科医師国家試験に合格する必要があります。

インプラント治療については在学中には知識的なものしか学ばないため、国家試験に合格したあと、歯科医師としての臨床試験を積みながら、自分でインプラント治療・手術の技術を習得しなくてはいけません。

習得にはインプラント専門医の研修会に参加する必要がありますが、1回限りのセミナーでも3万円程度の費用がかかります。

年間コースのセミナーでは、100万円以上の研修費用がかかることは当たり前の世界。

1日で習得できる技術でもないため、歯科医師は時間とお金をかけてインプラントという技術を習得するのです。

さらに、設備投資には2000万円以上の費用がかかります。

2000万円の設備投資を回収するためには、インプラント1本あたりの利益が10万円、月に1本、年間120万円だとすれと、投資金額回収だけでも16年もの年月がかかります。

このように、より良い治療環境で患者さんを迎えられるようにしっかりと準備しなければならないこと、それから、治療後も同じ医院にて継続的に患者さんをサポートしていくために、インプラントは高額となるのです。

3.安いインプラント治療は結果的に健康リスクがある理由

明確な知識がないと、どうしても人は値段に左右されてしまいます。

物を選ぶ際に高いほうがいいという考え方がある一方で、安いほうがお得という考えもあることから物の価値は一人一人異なりますが、しかし、インプラントの場合は違います。

顎の骨に打ち込む以上、
失敗すれば自らの健康を悪化させてしまいます。

安いインプラント治療のリスクについて、ぜひ知ってください。

3-1.たった1本のインプラントのせいで歯を失う可能性がある

インプラントは、打ち込む位置によって自分の歯の健康を損なうリスクがあります。

たとえば、インプラント10万円、安くインプラントができると喜んでいた患者さんが診断ミスによって前後の健康な歯を2本同時に失ったという症例も。

安いインプラント治療を受けたは良いものの、前後の歯の状態を正確に判断しておらず、結果的に顎の骨の状態を悪化させてしまったのです。

たった1本のインプラントのせいで、健康な自分の歯を失ってしまうリスクがある、それがインプラント治療なのです。

3-2.インプラントに失敗すれば神経損傷のリスクもある

顎の骨には血管や神経があります。

インプラントに失敗すれば神経損傷のリスクもある顎の骨に直接インプラントというネジを打ち込むため、神経や血管損傷のリスクは常につきまといます。

そのリスクを回避するためにCT撮影を行い、入念なシミュレーションを行います。

最近では高度なシミュレーションソフトがあり、インプラント治療に伴うリスクの9割を回避できるようになっていますが、そういったシミュレーションソフト導入にももちろん費用がかかるため、安価なインプラント治療を行なっている歯科医院では導入していないケースがあります。

そういった医院で治療した場合、インプラント治療によって顎の神経を損傷してしまうことがあるのです。

顎の神経は知覚神経です。

神経を損傷してしまった場合、
触られた触感覚がなくなり、ずっと頬が痺れた感覚になることも……。

こういった神経損傷のリスクが安価なインプラントにはあるのだということを、頭に入れておいてください。

4.インプラント治療に失敗した実例と最高のインプラント治療を受けた実例

インプラント治療は保険診療と比べれば、噛む機能で非常に有益な治療です。

しかし、全ての患者さんの治療が成功するわけではありません。

成功した患者さんが大勢いる一方で、残念ながら失敗してしまった患者さんもいます。

4-1.インプラント治療に失敗した患者さんの末路

私の歯科医院に来院したある患者さんの症例をご紹介します。

その患者さんは1本のインプラントを、当院から2時間かけた都心部にある歯科医院で受けられてきました。

歯周病しかし、もともと歯周病があり、歯茎の炎症が落ち着いていない状態でインプラント治療を受けたため、せっかく打ち込んだインプラントがすぐに抜けてしまい、さらに前後の2本の歯も顎の状態が悪化して抜けてしまいました。

炎症によって顎の骨も減少し、インプラント治療を受けたくても受けられない、手の施しようのない状態に……。

その結果、今では入れ歯でなんとか噛めるようになったものの、もっと考えてインプラント治療を受ければよかったと後悔されています。

4-2.最高のインプラント治療を受けた患者さんの現在

私の知るある患者さんは、1本50万円ほどのインプラント治療を受けています。

こちらの患者さんは、治療前に「インプラント治療を受けなかったとしても、検査費用だけで5万円ほどかかる」と歯科医師から説明をされました。

高額ではあるものの、彼女は精密検査を受けて顎の状態を正確に診断後に、当時の顎の骨の状態や治療期間に半年以上かかることの説明をきちんと受け、納得した上で治療を受けました。

その結果、10年経過した今でも食事に困ることなく、自分の歯もそのまま残っています。

4-3.元の交友関係を取り戻した患者さん

次に、インプラント治療を決意した50代女性Aさんの現在についてご紹介します。

彼女は右下奥4本を失い、インプラント治療費が120万円ほどかかりましたが、友人や家族との食事、会話を60代になった今でも楽しめるため、全く後悔されていません。

インプラント治療の前は入れ歯だったため、外食の際に入れ歯でも食べやすい和食のお店ばかりを選んでいたそうです。

友人におしゃれなフレンチのお店に行こうと誘われても、食べたことのないメニューだと入れ歯では噛みきれるのかが不安で断っていたとのこと。

入れ歯は異物感が強く、滑舌も悪くなり、人と話すのも億劫に……。

心配した娘さんが、ご自身が通われている歯科医師に相談してみたところ、インプラント治療を勧められたそうです。

Aさんはインプラント治療を受けてから何の不自由なく外食ができるようになり、普段の会話も問題なく話せるようになりました。

そして、友人とのランチをまた楽しめるようになったのです。

さらに、右だけ深かったほうれい線がインプラント治療をしたことで徐々に浅くなり、周りから「インプラントを入れる前よりも若くなった」と言われるとおっしゃっていました。

4-4.3人の患者さんの体験談を受けて

インプラント1本10万円の歯科医院、50万円の歯科医院があり、その時点では40万円もの差があります。

しかし、10年後、歯が3本なくなってしまい入れ歯を入れている患者さんもいれば、特にこれといった問題も起こらず、噛むことに不自由を感じることなく過ごしている患者さんもいます。

安価なインプラント治療は結果的にマイナス10万円となり、50万円支払った患者さんは資産として残ります。

つまり、最高インプラント治療は健康という最高の資産となる、ということです。

まとめ

歯が1本なくなった場合、インプラント治療は噛む機能を考えれば、最も有益な治療方法ですが、歯科医院によって値段に大きな差があります。

その理由は、「歯科医院によってインプラントの治療費は材料費だけでなく、人件費や歯科医が1時間に稼ぐ能力給が乗せされているから」です。

さらに、100万円もかかる歯科医院のインプラント治療は検査精密機器、歯科医師のインプラント技術への投資額が上乗せされます。

安価なインプラント治療は、結果的に自分の歯を失うリスクがあります。

インプラント治療に失敗した患者さんは、安いインプラント治療を受けた結果、前以上に噛めなくなり後悔されています。

その一方で、値段の高い最高のインプラント治療を受けた患者さんは、10年経過した今でも噛むことに不自由のない生活を送っています。

インプラント治療で悩まれているなら、まず、インプラントに関わる費用はどれくらいあるのかを把握した上で、インプラント治療を受ける歯科医院が

  • 検査を正確に行なってくれるか
  • 検査結果を説明した上でインプラント治療のリスクとメリットを説明してくれるか
  • 治療期間が長くなる可能性についてもきちんと説明してくれるか

を確認しましょう。

この3つのチェック項目を満たすだけ安全なインプラント治療を受けることができます。

高額なインプラントは失敗する確率が大幅に減少しますが、ただ高いだけではいけません。

この記事で紹介した“高い理由”を理解し納得したうえで、治療を受けてくださいね。

インプラントはなぜ高い?気になる費用の内訳を大公開!-歯科・歯医者の口コミ
インプラントはなぜ高い?気になる費用の内訳を大公開!-歯科・歯医者の口コミ
インプラントはなぜ高い?気になる費用の内訳を大公開!-歯科・歯医者の口コミ

最近180日間で口コミが多い歯医者さんベスト20

(集計期間:2021/03/30 ~
 2021/09/26)